忍者ブログ
一度きりの「いま」。
[713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705] [704] [703]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




そろそろ読み返す時期が来たのでしょう。
本屋さんで自然に出逢い、自然に手に取りました。

最初に読んだときが23歳、今が27歳、
前よりも実感としてわかる部分が多くて嬉しかった。
物語の初めの主人公の年齢、29歳にも近づいてきました。


一人の女性の29歳から40歳までを描いた長編小説。
女性にとっての仕事、恋愛、結婚、出産、家族、そして死とは?


この四年間で私も何度か人生を変える決断をし、
また多くの人の人生に触れることが出来ました。
海外で生活できたこともすごく大きかった。

その中には「運命」として諦めざるを得ないこと、
静かに受け入れるべきこともあったし、
意志の力の強大さを感じることもあった。

そして「いのち」に対しても少し自分の考えが出来てきた。


次に読み返すときには、
私はどんな運命の中にいるのだろう?
たとえどのような運命に翻弄されていようと、
どうか意志を持つことを諦めずにいられますように。(2011.03.26)


 亜紀さん、選べなかった未来、選ばなかった未来はどこにもないのです。未来など何一つ決まってはいません。しかし、だからこそ、私たち女性にとって一つ一つの選択が運命なのです。私とあなたとは運命を共にするものと信じていました。康は、自分に亜紀さんを引き留めるだけの魅力がなかったのだ、と諦めているようです。男の人というのは案外に弱いのです。でも私たち女性はそうではないでしょう? 子を生み育て、この世界を存続させていくのは私たち女性の仕事です。私たちが家を守り、子供を生まなくなったら、この世界は瞬く間に滅んでしまいます。
 (中略)女性はそうやって運命を紡ぎながら生きていくのです。世界中の女性が一つ一つの決定的な運命に自らの身を委ね、この世界の全部を創り出していく。私たち女性はそのことに誇りと自信を持たなくてはなりません。

「もっともっと哀しい目にあっている人が、いまこの世界に何千万人もいて、自分はその人たちのために何もできないでいる。自分が無力だってことを思い知るのが人生の基本だ。そしてその基本にわずかでも別の何かを付け加えていくのが生きることなんだって」

 この花は土や水、太陽の光だけでここにこうして存在しているわけではない、と僕はまるで雷に撃たれたように覚ったのです。この花はそうした諸々のエネルギーを吸収しつつも、この花自身としてこう咲きたいと思っているからこそ、いまこのように咲いている。僕は花そのものの確かな意志をはっきりと感じ取ることができた。
 生命は授けられ、やがて奪われるものではあるけれど、しかし生きているあいだは、受け止める側にそれを決して手放さず自分なりの色や形にしたいという強烈な意志があって、だからこそこの世界に固有の像を結ぶことができる。僕たちが生命の力と感じているのはまさしくその意志のことではないのか、と僕は感じたのです。


        人気ブログランキングへ「運命」を感じていますか?
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
無題(返信済)
(07/03)
無題(返信済)
(05/14)
無題(返信済)
(05/08)
無題(返信済)
(04/07)
無題(返信済)
(03/27)
最新TB
プロフィール
HN:
ayumi
性別:
女性
職業:
国際物流業⇒食品メーカー
趣味:
読書、野球、トラ、ぷよ
自己紹介:
社会人7年目。海外駐在員を目指し、2009年4月から半年間はタイで働いてました。

2010年12月に外資系食品メーカーへ転職。まずは岡山で働くことになりました。

将来の夢は、自分の言葉と「食」を通して、世界の1人でも多くの人に前向きで幸せなエネルギーを届けること!

いつまでも魂を輝かせておけるよう、好奇心と向上心と「いま」を大切にして生きています。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析